歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

スーツがなくても大丈夫?歌舞伎町ホストの服装

    

ホストはスーツ必須?

ホストというものは月給が軽く百万を超える人もいますがこれはごく一部であって、最初の働き始めは一日数千円のお給料しかもらえないケースがほとんどです。
この程度のお給料だとホストクラブにふさわしいようなお洒落なブランドもののスーツは到底買えません。
たとえがんばって自腹を切って一枚買ったとしても、毎日同じスーツを着ているわけにもいきません。

 

レンタル制度のあるクラブがおすすめ

ホストクラブで着られるようなスーツを持っていないけれどどうしようという人にはレンタルが良いです。
このため、ホストクラブの多くではお店で着るスーツを無料で貸与してくれるシステムを採用しています。
求人案件を見る際にはお給料や寮の有無などと合わせて「スーツ無料貸与」と明記してあるところを選べば心配がありません。
ただ無料の場合でもクリーニング代は自分持ちのところが多いので、その程度の出費は覚悟しておく必要があります。
無料貸与のシステムが整っていないクラブでも、面接の時に「ホストクラブで着られるようなスーツを持っていない」と正直に話せば先輩が喜んで貸してくれる場合もありますのであきらめないで。
ホストクラブは女性的なソフトな世界という印象を受けますが、実はあっさりとした体育会系の性格の先輩が多いのです。
ホストというとちょっと光沢のある細身のスーツをスキなく着こなしているというイメージがありますが、最近は必ずしもスーツを毎日着なければいけないというわけではなく、カジュアルな服装でも可というお店もずいぶん増えてきています。
ジャケットにジーンズなど、少しはずした服装でも清潔感があってお客さまに好印象をあたえればいいわけですから、それほど真剣に考える必用もありません。
ジャケットとズボンならいろいろ組み合わせがきくので、手持ちのアイテムが少なくてもスカーフやシャツなどでバリエーションを豊かにすることができます。
逆にいろいろな工夫が「あの人、おしゃれ」というプラスの評価につながっていくことも…。
ホストクラブによっては月に何日かスーツを着ないカジュアルデーを設けている所もあるようです。
また、季節のイベントやホストのバースデーなどといったイベントを頻繁に行って集客に努力しているホストクラブは多いようですが、そんなときにはコスプレで思いっきり羽目をはずすこともできます。
「ホストはスーツ」という既成概念から離れ、オリジナルなおしゃれをすることも顧客書く特につながります。

ホストに人気のブランド

ホストたちに人気のブランドは、案外とオーソドックスなものも多いようです。
きらきら光る拳銃のロゴでよく知られている「roar」はやはりホストの間ではイチオシの人気。
ホストは指輪やブレスレットなどのアクセサリーが大好きですが、このアクセの超人気ブランド「CHROME HEARTSクロムハーツ」もかなり根強い人気を誇っています。
中にはアクセもスーツもすべてクロムハーツで統一しているホストも。
シンプルなのにオリジナリティの高い「NO ID」や「MURDER LICENSE」「JUDY BLACK」などもホスト御用達メーカーとしての高い地位をキープしています。
スーツは「着られる」ものではなく「着る」もの。
独自のおしゃれ感さえあれば、ホストを始めて最初のうちは毎日レンタルでも全然恥ずかしくありません。
地道に仕事をして顧客を増やしていけば、そのうちお客さまから素敵なスーツをプレゼントされるという嬉しいサプライズもあるかもしれません。
さて、いかがでしたでしょうか。
ホストの華やかな容姿に憧れていて、自分も歌舞伎町のホストになって派手に一旗あげたいという方はぜひ参考にしてください。