歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

ホストの生活 1日のスケジュールはこんな感じ

    

ホストの生活 1日のスケジュールはこんな感じ

 

ホストとして働くというのはどのようなものなのでしょうか。
けっこう忙しくてクタクタになることもあるのでしょうか。
ホストはどのようなスケジュールで働くのでしょうか。
こうしたホストの実情はなかなかわかりにくいものですが、ここでは詳しく解説するので参考にしてみましょう。

 

 

ホストのスケジュールについて

〇仕事の流れ
ホストは夜のお仕事です。
そのため、ホストのスケジュールもやはり特殊なものとなります。

・ホスト店の始業時間も様々ですが、通常は夕方頃に開くところが多いです。
このため、ホストもこの時間に合わせて出勤することとなります。

・有名ホストであれば送迎車が自宅までくるようなこともあります。

・出勤したらその日の打ち合わせが行われます。
打ち合わせでは予約状況の確認やペアとなるホストの確認などが行われますが、この打ち合わせは大変大事なものです。

・実際にお店が開くと人によっては一気に忙しくなります。
人気ホストであればひっきりなしにテーブルからお呼びがかかることも。
とはいえ、接客していないホストも裏方仕事などもいろいろあるので決して気楽ではありません。

・ホスト店によっては深夜営業しているところもありますが、仕事が終わるのは朝方になることも。
電車の始発で自宅まで帰るということも少なくありません。

〇気をつけるポイント
・これがホストのスケジュールですが、ホスト店によっては昼間も営業しているところもあります。
そのため、スケジュールはホスト店によっても変わるので気をつけておきましょう。

・ホスト店で働くとかなり睡眠サイクルなども狂ってきますし、日中に働いている友人などとは遊べなくなることもあるので気をつけておきたいところです。

・また、ホスト店によってはシフト制を取り入れています。
例えば、前場と後場で分けていてそれぞれで働くホストがまるっきり入れ替わることもあるのです。
このようなお店システムの違いについてもチェックしておくと良いでしょう。

 

ホスト店で働くデメリットとは

ホスト店で働くのは意外とお金がかかることを知っておきましょう。
ホスト店で働くために用意しなければいけないものは数多く、スーツなどを取り揃えないといけません。

・他にも、ヘアーカットなども一流店でしてもらう必要性がありますし、身だしなみにも気をつけておかないといけません。
このようにホストとして働くのはいろいろと出費がかさむことは理解しておきましょう。

・他に、誰もがホストに向いているとも限らないことも知っておきましょう。
いくらイケメンであっても話し下手だとホストとしてはやはり成功しにくいものです。
逆にあまり話が良くなくとも会話術が長けていればかなりホストとして成功しやすくなることもあります。
こうした違いも知っておくと良いでしょう。

ホストは高級と思われることもありますが、最初の内は薄給なものです。
働き始めて間もない頃はテーブルの清掃などの基本的なことしかできずにつまらないと感じることもあるかもしれません。
下積み期間は様々ですが、人によってはかなり長引くこともあるので気をつけておきたいところ。

ホストはストレスが溜まることもポイントです。
ホストである以上、客の愚痴や悩みなども聞かないといけません。
人によってはストレスが溜まって辞めてしまう人もいるくらいです。
他のホストともうまくやっていく必要性もあります。
人間関係が面倒になったり競争が激しくて辞めてしまう人もいます。

〇まとめ
このようにホストとして働く際に知っておきたいデメリットは多いものですが、実際にホストとして向いているかはなかなかわかりにくいものです。
このため先輩ホストの話なども聞いてホストになるかどうかはじっくり検討しておくと良いでしょう。