歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

ホストはお酒が飲めなくてもなれるもの?

    

No.1 ホストはお酒が飲めなくてもなれるもの?

 

 

ホストの仕事はお酒がつきものです。
とはいえ、これからホストになりたいという人の中にはお酒に弱い人もいるでしょう。
一体、ホストの仕事はお酒が飲めなくともなれるのでしょうか。

 

 

お酒が飲めない場合には?

ホストはお酒が飲めないとなれないと思われがちですが、実際にはお酒が飲めなくとも大丈夫なこともあります。

〇ポイント
ホストである以上はお酒を飲まないといけない機会は多いものの、お酒を飲まずに済ますことができる場合も多いのです。
・例えば、お酒が飲めないホストだとお酒を飲むフリをしてごまかす人も多いもの。
ホストの中にはこうした芸当に長けており、お酒を飲んでいるように見えて実は全く飲んでいないなんてテクニックに長けている人もいます。

・他に、お酒が飲めない場合にはお店側に伝えておくことでお酒を薄めてもらったりしてもらうことも可能です。
このようにお酒が飲めなくともそこまで問題がないもの。
ちょっとだけグラスに口をつけてお酒を飲むだけでも十分です。

・また、お酒に対する耐性は高めていけるものでもあります。
やはりホストである以上はお酒に強いほうが何かと良いですから、積極的にお酒に強くなっておくと良いでしょう。
お酒の耐性を高めるにはやはり少しずつでも良いですからお酒を定期的に飲用するようにするのが大事です。
こうすることで最初はお酒に弱くとも次第にお酒にも強くなっていけます。

お酒に弱い場合には自分の限界も早めに知っておくことが大事です。
「これ以上飲むとやばい」といった境を知っておけば、お酒に対する怖さなどもなくなってきます。
お酒が苦手だと思っている場合であっても、実はお酒の味が嫌いなだけなこともあります。
この際には飲みやすいカクテルなどを飲んで本当にお酒に対して耐性がないか確認してみるのも良いでしょう。

このようにお酒に弱い場合であっても基本的にはそこまで問題はありません。
ホストとしての下積み期間中にお酒に強くなっておくのもありでしょう。
何よりお酒にいくら強くとも会話術などができないとホストとしてはやはり稼いでいくことはできません。

 

ホストの仕事に向いている・向いていない人とは

ホストの仕事は誰でもできるというわけではありません。
人によってはホストに向いていないこともあります。

〇ホストに向いていない人
・例えば、お酒が飲める・飲めない以外にも、「社交性がある」かどうかも大事なポイントです。

やはりホストは接客業ですから、社交性がないような人だとホスト業もストレスが溜まってしまうことでしょう。
逆に社交性があればホストをしているのも楽しくなってくるはずです。

・また、夜遅くまで起きていられない・夜になると集中力が下がってしまうという人もホストにはあまり向いていません。
ホストである以上、やはり夜型人間にならざるをえませんから、睡眠サイクルを変えておくようにすると良いでしょう。
また、もしも夜遅くまで起きているのが苦手という人は昼間に営業しているホスト店を選ぶのもアリです。

・話し下手という人もいますが、やはりホストである以上は話もうまくなっておく必要性があります。
話がつまらないとどうしても制限も生じてきます。
このため、話が下手ならば練習したり、話のネタなども用意しておくようにすると良いでしょう。

ホストは立っていることも多い仕事です。
特に下積み期間中は立ち仕事が基本となるでしょう。
このため、働いてみたらけっこうきつくて辞めてしまうということもあるかもしれません。

〇まとめ
ホストにはこのように向いている人とそうでない人がいるものです。
特に話し下手などだとするとかなりストレスもたまりますから、自分が向いているかどうかはホストになる前に一度じっくり考えておくことをおすすめしておきます。