歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

ホストの勤務時間は?歌舞伎町ホストの勤務形態

    

ホストの勤務形態について

 

歌舞伎町のホストって一度やってみたいけれど勤務時間や勤務形態がわかりにくくて就職に踏み切れないという人は多いのではないでしょうか。
お店がひけた後のアフターもホストにとってはお客さまをつなぎとめておく大切な時間。
ホストがどんな時間帯に活動しているのか、ここでは具体的に見ていきましょう。

 

歌舞伎町ホストの勤務時間は何時から何時まで?

ホストクラブというと夜中の2時や3時までやっていると思い込んでいる人もけっこういるようですが、営業の届け出の段階でホストクラブは「接待飲食等営業」に分類されるため、法律によって営業時間は午前1時(地域によっては午前0時)までと決められています。
ホストクラブと似たような職種に「ボーイズバー」というものがありますが、こちらは「深夜酒類提供飲食店営業」に分類されているため営業時間に制限がないというメリットがあります。
ホストクラブほどきらびやかではない分、月収○百万円は期待できませんがカジュアルな仕事場として最近人気を呼んでいます。
さて、ホストクラブの開店は19時前後が普通ですからホストはだいたい17時ころに出勤し、みんなでお店の清掃などを行います。
お店を閉めて後片付けをし、ミーティングなどを済ませると外に出るのは午前2時というパターンが一般的です。
自宅から通っていてできれば終電に間に合うように帰りたいというのであれば面接の際にその点をはっきりと伝えることをおすすめします。
たいていのクラブでは終電前退社を認めてくれるはずです。
ホストクラブは風営法によって深夜の営業は禁止されています。
しかし日の出以降は開店してもいいとも明記されていますので、深夜に一旦お店を閉めた後、午前3時半くらいからまたオープンするところもかなりあります。
午後7時から深夜までの第一部は退社後のOLが顧客層のメインですが、第二部となるとファッションヘルスやソープランドなどといった同業の女性がお店に足を運びます。
この第二部は勤務するホストが少ないため、うまくいけばホスト初心者でもかなり稼げるという大きなメリットがあります。
顧客も同業種でお金をぱっと派手に使うことに慣れており、その分見返りも多くなるわけです。
ホストクラブ第二部はオープンしている時間が夜明けから正午までのため、睡眠時間が午後から夜にかけてと完全に逆転してしまいます。
ですからこの二部で働くためには体調管理を万全にする必要があります。
第一部、第二部に引き続いてなんと第三部をオープンするホストクラブも近頃はちらほら出てきました。
これは午後の明るい時間帯の営業で、昼間に時間的余裕のある家庭の主婦を顧客ターゲットとしています。

気になる勤務形態の方は?

ホストクラブの勤務形態は基本的に「日払い」と「月払い」のふたつに分かれています。
同じ日数・時間数働いておなじ成績をあげたとしても日払いだと受け取る給金はかなり目減りしてしまいます。
食事(一日2回のところが多い)も寮も無料で提供してくれる良心的な職場であれば、できるだけ月払いでお給料をもらった方が特です。

学業を続けながらアルバイトとしてホストをやっていきたいという人には一日2時間、21時から23時だけの勤務を認めてくれるようなクラブもおすすめです。
これなら夜1時ころには家に帰れますし、出勤時間も遅いので学校生活にも支障が出ません。

また毎日勤務ではなく、週3日だけの勤務が可能なホストクラブも沢山ありますので、気になる人は求人情報をしっかりチェックするといいでしょう。

ホストの仕事は他の職業と違って流動性があるので、面接の際に自分の要望をどんどん言ってしまえば経営者陣もそれなりに労働条件を考えてくれるはず。
人間どうし、話し合えば必ず意が通じるものです。