歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

新人ホストの一日。

    

新人ホストの一日

歌舞伎町ホストの求人からデビューまで

「今まで地味なサラリーマンをしてきたけれど、一度の人生、ホストのような派手な仕事をして、思い出をたくさん残せる人生を送りたい」と思っている人もいるでしょう。

ホストクラブは池袋や立川などにも多く存在していますが、ホストになるなら、やはり歌舞伎町でしょう。

今回は、ホストの求人からデビューまでの流れを紹介します。

 

 

歌舞伎町ホストの求人

歌舞伎町には200軒以上のホストクラブがあり、随時ホストを募集しています。
賃金や労働条件はお店によって異なりますが、探せばきっと自分の理想に近いホストクラブが見つかるはずです。

求人には「正社員雇用」と「アルバイト」の2つのタイプがありますから、自分の欲している労働形態に合うものを選ぶ必要があります。

ホストの経験がなくて心配な人は、まずはアルバイトとして入店し、仕事のコツが掴めてきたら正社員というパターンもおすすめです。

直接ホストクラブに電話をして、面接日時を取り付けるのは何となく気が引けるという人もいるでしょう。
そんな人は、間に入って面接の日時を決め、当日は同行してくれるというサービスを行っている求人情報サイトを活用するのがおすすめです。
こういったサイトは面接の前に色々とアドバイスをしてくれるばかりではなく、面接に着ていくスーツ・靴・ネクタイなども無料で貸してくれます。

また、入社後にトラブルがあった場合にも取りなしをしてくれますので、「面接の時に提示してきた条件と実際の労働条件が全然違った」「ホストになりたいと思っていたけれど、自分が夢に抱いていたのとはまったく違う世界だった」といった時にはスムーズに退社することができます。

いよいよホストとしてデビュー

さて、ホストクラブに入社し、念願のデビューの日が来ました。
たいていのホストクラブでは職場で着るスーツや靴を無料で貸与してくれますし、先輩がアドバイスをしてくれるはずですので「何を着たらいいのだろう」と心配する必要はありません。

ただし、ホストは清潔感が大事なのでヘアサロンに行って、髪を整えてもらうことは忘れないようにしましょう。

出勤は19時間30分あるいは20時ころという店が多いようですが、初日はやはり早めにお店に着いて、雰囲気に慣れておきたいものです。

デビューの日は、何をどうしたらいいのか手順もわからず、あっという間に時間が過ぎてしまうはずです。
必ず先輩ホストがサポートで付いてくれますので、この日は見様見真似でかまわないと思います。

緊張し過ぎている時は、「今日がデビューです」と正直に言ってしまえば大丈夫。
誰にでも「初めて」はあるものです。

仕事が終わるのが大体24時。
前もって終電時間を調べておくといいでしょう。

退社時には先輩スタッフにきちんと挨拶するのを忘れないようにしましょう。

ホストの一日

仕事上、ホストの一日はどうしても夜型になってしまいます。
仕事が終わるのが24時ころ、その後ミーティングを行うお店も少なくありません。
連絡事項や新人ホストの相談などがミーティングの主な内容ですが、これが終わったら「アフター」と言って約束していたお客様と飲みに行くこともしばしば。
これを終えて帰宅すると朝の4時か5時、その後シャワーを浴びて就寝ということになります。

お昼ごろ起きたら携帯をチェックし、お客様へのお礼、あるいは約束の取り付けなどをします。
仕事に慣れてくると同伴のお客様と出社前に食事などというスケジュールもよくありますので、上手に時間を見つけて身支度をしなければいけません。

体力が基本のこの仕事、体調管理とシェイプアップも兼ねてフィットネスクラブに通うホストもいるようです。

ホストの求人からデビューまで、またホストの一日の流れを簡単に説明しました。
これからホストになりたいと考えている人は、是非参考にして下さい。

 

ランキングはこちら