歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

バイト?正社員?歌舞伎町ホストの求人システム

    

ホストの求人システム

ホストクラブという言葉を知っていても、その詳細について知らない方も多いのではないでしょうか。

「ホスト」という言葉にはもともと「客をもてなす主人(役)」といった意味があります。
日本で最初のホストクラブが誕生したのは1965年、東京の八重洲口で、当時はダンスを踊りに来る女性のお相手をする場所だったようです。
以降、「女性専用高級クラブ」などと呼ばれ、現在のホストクラブとして定着しました。
今回は歌舞伎町のホストについて、中でもホストの求人システムについて説明します。

 

ホストとして働くには

女の子と話すのが好きだし、人当たりが良くてけっこう好かれるタイプだと自負している男性は意外と多いものです。
そんな男性に最適な職業がホストといえるでしょう。
「ホストとして働きたい」と思ったら、まずはインターネットのホスト求人情報を確認することをオススメします。
ホスト求人情報は六本木や銀座など、さまざまな地域のものがありますが、ここでは歌舞伎町の例で見ていきたいと思います。
歌舞伎町には数百軒のホストクラブがあるため、求人件数も相当な数にのぼりますが、細かく見ていけば、かなり条件のいい仕事を見つけることができます。

条件として気になるのは住居と衣類ですが、求人案件の中には「高級寮個室完備」「高級スーツ無料貸与」などといったホストクラブもあります。
これならホストで稼いだお金を衣類に費やすこともなく、着実にお金を貯めることができます。

寮に関しては、「高級寮完備」となっている所もありますが、数人での共同生活という可能性もありますので、面接の際によく確認をしましょう。
正社員かバイトか
「ホスト」として働く際に、「正社員がいいかアルバイトがいいか」勤務形態で迷う人は多いかもしれません。
腰をじっくりと据えて、少なくとも数年はホストとして頑張ろうという心構えがあるのならば、正社員がおすすめです。
正社員なら福利厚生の面がしっかりとしていますし、有給休暇を取ることもできます。

また、就職と同時に「お祝い金」を出してくれるお店もありますので、ありがたいですね。
「ホストが本当に自分にぴったりの職業かどうか実際にやってみないとわからない」、「いきなり正社員ではなく、まずあるバイトで数ヶ月働いて様子を見たい」という人もいると思います。
バイトの場合は、時給制となりますので、昼間は他の仕事をして掛け持ちをすることもできます。
希望の時間帯だけ働くことができます。
中には出勤が遅めで21時30分というところもありますから、昼間仕事をした後、時間的に余裕を持ってホストの仕事もこなせますね。
求人情報サイトを活用する
ホストの求人情報サイトは数多くあります。

ホストの求人サイト

ただ単に情報を掲載しているサイトもあれば、中には面接のセッティングまで請け負ってくれるサービスを行っているサイトもあります。
希望のお店が決まったら、サイトを通して面接を申し込み、面接日時を決めます。
日時が決まったら、新宿の分かりやすい場所で求人サイトのスタッフと待ち合わせをし、面接場所に向かいます。
スタッフに同行してもらうことにより、後から「聞き忘れたことがあった!」などといった失敗もなくなります。
また、普段はおしゃべりな性格なのに面接となると緊張してうまく話せないという人には、心強いサポートとなります。
スーツや靴、シャツなども無料で貸与してくれますので「何を着て行ったらいいのだろう?」「着ていく服がない!」と悩むこともありません。
このようなサイトでは、入社した後もサポートをしてくれます。
「やっぱり肌に合わない」「面談の時の話と労働条件が違う」などの理由で店をやめたくなった時にも、間に入ってくれますので、スムーズに問題を解決することができます。

歌舞伎町ホストの求人システムいかがだったでしょうか。

まずは「アルバイト」か「正社員」、自分に合う勤務形態を決めてから、面接に臨みましょう。