歌舞伎町のホスト求人を勝手に比較!

面接で押さえておきたいポイント!歌舞伎町ホストの求人

    

ホストの面接のポイント

歌舞伎町は日本で最も競争の厳しいホストクラブエリアです。

もし歌舞伎町でホストをしたいと思っている人は、面接の際のポイントをしっかりと把握しておく必要があります。
採用担当者が重要視している点、ポイントとして見ている部分を最初に分かっておけば、採用の可能性も高まります。
その部分をアピールできるように事前にしっかりと学んでおきましょう。
ホストの面接といっても雰囲気は普通の就職やバイトの面接とそれほど変わりはありませんから、肩ひじを張らずにリラックスして臨んでください。

 

礼儀正しさ

面接における一つ目のポイントは「礼儀正しさ」です。
ホストというと、なんだかチャラチャラしているイメージもありますが、面接ではチャラチャラした人物は真っ先に落とされます。
ホストクラブ側も遊びで求人を行っているわけではありません。
「お店の売り上げに貢献できるか」というホストとしての優秀さを見ています。
礼儀正しさ、または礼儀正しい話し方ができるというのは最低限のマナーであり絶対に必要なものです。
お客に失礼があってはならないわけですから、礼に始まり礼に終わるという精神は徹底しなければなりません。
そこで面接の際にもそれが見られます。
「真面目であること」「ハキハキとものを言えること」「挨拶がしっかりできること」「深く頭を下げることができること」。
こうした礼儀正しさをまず大切にして面接に臨んでください。
もちろん真面目すぎて堅苦しいのも問題ですが、それ以上にチャラすぎる人は採用の可能性も低くなるでしょう。

意志の強さ

面接における二つ目のポイントは「意志の強さ」です。
歌舞伎町のホスト業界は競争が厳しいので、「絶対にのし上がって見せる」「絶対に成功したい!」という強い意志が必要になります。
採用担当者もそのような「意志の強い人物」を高く評価します。
単に「ホストになれば楽に儲けることができそう」とか「なんとなくやってみたいから」とか「女の子にもてたい」では歌舞伎町のホストは勤まりません。
どれだけ強い意志で、強い気持ちでホストという仕事をやりたいかということを伝えることで、採用担当者もその熱い気持ちを汲み取って高評価を与えます。
「なんとなくホストという仕事を経験してみたい」という軽い気持ちでは採用される可能性はまずないでしょう。

服装

面接における三つ目のポイントは「服装」です。
ホストの面接だからといって、いつもより気合を入れて変に目立つ格好をしたりすると逆に評価を落とされます。
全身白いスーツなどはもってのほかです。
むしろ服装の奇抜さやカッコよさというよりも、いかに「清潔」で「きっちり」しているかという点を重要視してください。服や靴が汚れていないか、ちゃんとアイロンをかけてピシッとしているか、不潔な部分はないか、そういう点をまずしっかり整えましょう。

ホストクラブの客はまず何よりも「清潔さ」を好みます。清潔さのないホストはその時点で失格です。それは最低限守るべきものであり、面接においてもその点は重要ポイントとしてチェックされます。

あまり不必要にジャラジャラとアクセサリーを付けたり、印象を上げたいと思って豪華な服を着るのではなく、まずは清潔なイメージを心がけてください。服装もむしろシンプルで飾らないもののほうがかえって採用担当者に良い印象をもたらします。

「シンプル」「清潔さ」といった点を考えながらスーツやジャケットを選んでみましょう。
もちろんカジュアルな服装でも面接には臨めますが、きちんとした印象を出すという意味ではスーツかジャケットがいちばん良いでしょう。爽やかで、スラッとした、清潔感のあるイメージで臨んでみてください。
面接で押さえておきたいポイントを紹介しました。面接に臨む前に是非参考にしてください。

 

ランキングはこちら